夜は飲みつつ料理三昧(禁酒やめた)


34歳兼業主婦出版系
by tokyo_ao
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
秘書技能検定通信講座
from 秘書技能検定通信講座
アパート山口県
from アパート山口県
ハローワーク熊本
from ハローワーク熊本
gucciスカーフ
from gucciスカーフ
ユーザー車検予約
from ユーザー車検予約
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

引きこもりには向いた職場

 また1人、スタッフに逃げられてしまった。
 
私  「これで元のメンバーに戻っちゃいましたねぇ……」
社長 「まあねぇ。引きこもりは2人は要らないって感じ?」

 怖っえぇ。
 実務面で誠に申し訳ないが頼れなく、頼れないがために忘れていたのだが。
 さすが、経営者。 

 たしかに辞めた子(子。私の1こ上の男子で32歳なのが多少アレだが)も、7年来の同僚Sさんも、チョト引きこもりぽい。でも、でもさ。あの子もSさんも控えめにとはいえ、出勤してくれる人じゃないか!

 ……それをもってOKとするのか。していいのか。いいと思うぞ私は。流行ってるじゃないか引きこもり。それでもできる仕事なのを、むしろアピールしないと誰も勤めてくんないぞ。
 「おはようございます」から「お先に失礼します」まで、一言もしゃべらないことが普通にある職場だもの。対人恐怖症の気味があるくらい、長続きする秘訣です。
 
 で、あの子が辞めた直接のきっかけを訊いてみた。

社長 「明日はS社(版元さん)に、一緒に挨拶に行って下さいって言ってたら――。来なくなったのが、その日」

 社長が悪いわけじゃない気がして、反省の気持ちがしてきましたが、私ももう8時間ほどお布団に引きこもってしまおうかなと思います。
[PR]

by tokyo_ao | 2006-09-23 01:16 | お仕事
<< Lesson0.恥を掻いている... 2時間ほど人生と向き合えた >>