夜は飲みつつ料理三昧(禁酒やめた)


34歳兼業主婦出版系
by tokyo_ao
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Lesspm17.『闇色のドルチェ・ヴィータ』

 初めてBL小説を貸した友達にメールをしたら、宛先不明で戻ってきました。
 携帯に電話をしたら、『おかけになった電話は、お客様のお申し出により、おつなぎできません』と言われました。
 神よ。BL小説のために、私は15年来の大事な友達をなくしちゃったのでしょうか。

 さて、今回の引用。
 
『喪服に裸足とは、ずいぶんそそられる格好だ』

 発言者、30代前半と思しき男性。相手は22歳男性。舞台は雨の街角だ。
 どういうクオリアしてんだ。
 しかも、この台詞、5ページから始まる本文において、9ページ3行目に登場する。
 早っ。ラヴァーズ文庫、展開早っ。

 このスピードは、お笑い芸人のかたに、大いに参考にしてほしい。M-1グランプリを毎年たのしみに見ているのだけど――今年は外出の途中、録画を忘れたことに気づいてすごすご家に帰った。なお、夫婦で。
 いずれもネタを作りこみすぎの気がする。

 結局、4分間まんべんなく笑わせたチュートリアルが優勝したが、いわゆる「つかみ」さえ抑えておけば、また結果は違ったのではないか。こんな、異論だけ述べて代替案を提示しない姿勢はすごくヤだから強いて言うけど、まずは自己紹介ののち、どっちでもいいから相方を、力いっぱい抱きしめてみては。
 「ぼくの運命の人をこの舞台に連れてくることができました! ありがとフゥー!」とか叫ぶ。

 で、発言者は一回転する。「そういえば白菜って、おいしいから日清戦争で日本に来た野菜?」とか超ヤる気の無い口調で言う。「どうでもいいよ!」と、全力で、相方は抱きしめられながらボケる。
 その後ネタを始めてはどうだろう。

 なんか余計なことを言っただろうか。
 私は旧友にコンタクトを取れないのだけ、気がかりだ。
 幸い家電は知ってるから、あした尋常な時間にかけてみたいと思う。
 
[PR]

by tokyo_ao | 2006-12-29 01:16 | 無謀/BLを総括する
<< Lesson番外3.BL小説を... Lesson16.『ハチミツ浸透圧』 >>