夜は飲みつつ料理三昧(禁酒やめた)


34歳兼業主婦出版系
by tokyo_ao
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:料理/レシピ( 13 )


白子と真子の香り煮~東北の思い出


 会社行ってる場合じゃないほど仕事があるので欠勤。自宅のパソコンのほうが少しは体が痛くなくて済む、明後日まで自宅にかんづめ。家人は出張中、ナイスタイミング。
 ……引きこもりと何が違うのだろう、私は。
 「教師してても心はニート」って、知人の名言があったなあ。

b0023749_001426.jpg 違いをアピールするため、クリーニング屋さんとスーパーだけ行く。天気、よかったのか。

 サバの産卵期ですね。コレならすぐできる。

白子と真子の香り煮
 材料:白子2腹と真子5腹分 塩大さじ1 
 調味料:だしカップ1 しょうが1かけ 酒大さじ2 みりん・ポン酢しょうゆ各大さじ1

① 白子と真子はザルの上で塩をして10分以上置き、熱湯をかけまわす。
② 調味料を煮立てて①を入れ、煮立ったら落とし蓋の上から蓋をして火を止め、放置。

 普通のしょうゆだと腹子の苦味が気になることもあるけど、ポン酢しょうゆなら不思議と大丈夫。

 白子、むかしは嫌いだったな。
 一都三県を出ると親戚もいないという関東者が、東北と北海道にだけ姻戚を持ってたのだ(ものめずらしくて、この程度ですら親戚話題沸騰)。

 東北の伯母さん(神奈川在住だってば)には、とてもお世話になった。
 家がいちばん近かったこともあり、年子の弟が生まれたときはもちろん、小学生ころまで病弱だった弟が病気をするたびに預かってくれた。

 好きな料理を訊いてもらって、「タラチリとタクアン」と答えた。5、6歳か、当時は食が細かったのだ。あくまで当時。

 ……タラチリのお汁がにごってた。
 関東者はコレに弱い(cf.11月3日のブログ)。
 タラチリに、白子がいっぱい入ってたのだ。

 あと、タクアンが焦げくさくてマヨネーズがかかってた(涙)。
 泣いちゃダメなのは知ってたけど、泣かなかったのかどうかは覚えてない。伯父は泣かなかったと言うが伯母の話を聞いてないし。

 伯母さん。今は好きだよ、白子もいぶりがっこも。
 ……たださ、漬物にマヨネーズはどうなの?
[PR]

by tokyo_ao | 2005-05-27 21:36 | 料理/レシピ

牛スジのカレー


 カレーっていったいなんなんでしょう。十代の大半を海外で過ごしたという旧友が、外国人の友達を日本料理屋へ案内しようとして「カレーかラーメンがいい」と言われ、がっくり×何回も。そんな話を聞いた。

 さて私のカレーは、もう完成形だと思ってた。「完成形」というのは、「それ以上工夫しなくていいし、むしろしないほうがいい」状態の意で、そういうレシピをアップするのが、このブログの当初のテーマであった。ぜんぜん違ってるけど。不本意ながら違ってるのに、そのレシピを投入しなかった、それは市販のレシピをそのまんま使ってたからだ……。

 「第3世界ショップの手作りカレーセット」。……う、うさんくせえ。う、うめえ。

 「フェアトレード」をモットーとする団体の輸入販売品。フェアトレードというのは、ぶっちゃけ「無知な後進国からボらない貿易」。エビ好きの私は、インド洋の干潟をいくつもブチ壊してそな値段のエビを、つい誘惑に負けて買ったりして、で、バランスを取るつもりで……ああもおいいや。思想的なのほんとはキライ。写真は、ごくごく普通のカレールーバージョン。

b0023749_22572535.jpg牛スジのカレー(8皿分)
 お好きなカレールー タマネギ4つ ニンニク3かけ ローリエ1枚
 牛スジ1パック(200g強) パプリカ赤・黄各1個 ピーマン2個

 タマネギをみじん切りにして、茶色くなるまで電子レンジにかける。
 ニンニクをみじん切り、炒めて、一口大にきった牛スジ投入。
 茶色くなったら、カレールーの裏に書いてある倍量の水を加える。

  ローリエを入れて、アクを取りながら4時間ゆでる。水が減れば補う。
 水がほぼ規定量になったところで、別の鍋でパプリカとピーマンを炒めて加える。
 タマネギとカレールーを加え、とろみが出るまで煮る。

 ちなみに……めんどくさかったら
  ニンニク1かけのみじん切りを炒め、一口大に切った牛スジを加える。
  水を入れて4時間ゆでる。
  あとはカレールーのパッケージどおり作る(野菜は別の鍋で炒める)。
  (上記で野菜がピーマン系なのは、単に見た目の問題。牛スジがでろりんこなので)。

「第3世界ショップの手作りカレーセット」をお持ちの場合
  「下準備」の項目で、「肉」を「牛スジ」に読み替える。
  手順「2」で、取り出した肉(牛スジ)に分量の倍の水を加える。
  アクを取りながら4時間煮る(水が足りなくなれば補う)。
  その間に別の鍋で手順「3」・「4」・「5」を実行。
  肉を茹でる水が分量になったところで(大体ひたひたになってればOK)、
  「3~5」を加え、あとは記載どおり。
   
 このカレーの奇妙なところは、食べ終わるのが異様に早いところ。あと、無口になる。
 うーん、ジャパニーズファーストフード。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-11-17 00:48 | 料理/レシピ

おにぎりの海苔の巻き方


 ずうっとこうやってたんだけど

______
|  ^ |
|/   \|
| ̄ ̄ |
| |
| ↑ |
|____|
三つ切り


 こうだって気がついた。

         ^
       /    \
     / _↓_ \
   /  \    /  \
/     \  /     \
/ →      ̄   ←  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    二つ切り


 説明しようとする手段と場所をいちじるしく間違えた。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-11-16 15:14 | 料理/レシピ

おでんとトリガラのミステリ(たぶんこの項続く)


 「おでん」については、私は、ケリをつけた気でいた。しかし何ゆえに私の前に再び立ちふさがる、因縁のおでん。

 きっかけは今から6年前。ちょっと時間があったんで、丹念におでんを煮込んでみたことによる。

 ……恐怖の7割残し。

 それは私の天使である人物が、「こんやのおかず」を7割がた残し、「ごめん、目玉焼きつくって」とリクエストし、あまつさえお菓子をばりばり食べ始める状況のことだ。

 私が主婦として未熟で、おのれの天使の言語体系すら把握してなく、そしてその天使がかなりの偏食さんであった、その頃のほろ苦い思い出だ。

 もちろん爾来、おでんは作らなかった。嫌いなのかと思って。

 数年後。
 天使「今日はねえ、変わった店に行ったの。でもそれが、けっこう美味しくってね」
 私  「へえ珍しいね、そんなこと言うの。どんな店?」
 天使「おでん屋さん」

 ……ふうん。
 惚れられてて感謝しな。でなかったら、自宅で赤いパーティーができたのにね。

 もちろんそんなことは言わずに、私は訊いた。
 「どんなのが美味しかったの?」
 「んとねえ、壬生菜と、鶏肉とねえ……」

 待て待て待て待て。それは「おでん」か。
 そのようにして、我が家の京風おでん(11月3日のブログ参照)はできた。
 鶏肉を入れるのが、京都人の心の琴線にヒットするらしい。

b0023749_15403774.jpg
 と思ってたらその日のブログに、秋田出身とおっしゃる「waruiotoko」さんからのコメントが(コメント欄参照)!
 ……おでんに「トリガラ」ってねえ。あぁた。

 近所の「スーパーヤ◎ザキ」に、もちろんトリガラは無い。私の加入してる生協は論外。
b0023749_15424094.jpg 私は「肉のハナ○サ」に行った。
 自宅からいちばん近いスーパーなんだけど、「業務用」と二人暮らしとがどうにも合わなく、開店セールが終わってからほとんど行ってない、そんなお店。いまさら買うものとてまず無いだろうが、見学のため。

 ……ネギ安っ! 3本で150円、こんな立派な千葉県産が!? 台風の影響ってどっか行っちゃったワケ、私の知らないうちに?? 生協ではネギも小松菜も欠品の上、すでに瀕死のホウレンソウが届いたりしてますけど?(このあとハシゴした「ヤマザキ」では、ネギ、倍の値段で売っていた)。
 
 ……タイムサービスとはいえ、ステーキ肉1枚199円!?
 ……牛テール、あるじゃん! この前オッソブーコつくろうとして、ここになかったのはタダの偶然か? うわああ、つくりたい――!

 教訓。しばらく行ってないスーパーがあったなら、ダメモトで行ってみるべし。このご時勢、思わぬ企業努力が、知らずなされているのかもしれない。

 は。何しに来たんだっけ。

 ……ないな、「トリガラ」。いやーそんなこたないだろ、「ブタガラ」はあるのに。いっくら私が無粋な東京人とはいえ、「ブタガラ」より「トリガラ」のがメジャーなくらい分かるわ。

 ……あった。1ヶ1kg。レンガのよーな直方体のブロック。こいつ、カドを使えばヒトも殺せそうだ。

 「waruiotoko」さん、私はあなたのご母堂を存じ上げないが、たぶんコレじゃあないんじゃないか? 秋田のおっかさんがご利用になるのは(涙)。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-11-10 01:12 | 料理/レシピ

風邪と寒さと京風おでん

 50歳のフリーアルバイターの話は、先日した(10月27日「最近、真性のバカを見てない気がするが……」参照)。

 高学歴・入社試験きわめて優秀・無職・無妻子の、一見シャイボーイ。よく見れば白髪と皺とで、立派な「おじちゃん」と「おじいちゃん」の間なのだが。

 いったいどんな性格上の難があって、そういう仕儀になってしまったのかと思っていたが、わかった。入社2日目にしてカゼひいてはった。びょ、病弱すか……。
 
 もう11月なので忘れていたが、うちの会社、めちゃめちゃ寒いんだった。
 元凶は、社長夫妻
 まず那須山中に別荘を持っていて、週末はそこへ「帰る」から、体感温度が都内でなく雪国。
 ダンナのほうは、いきなり雪山の中ツェルト一枚でビバークして、「そういうわけで帰れない」と、携帯から会社に電話してくる山男。
 はたまた奥さんのほうはと言えば、そんなダンナに鍛えられてか、分厚い脂肪で我と我が身を守ってる。体脂肪率47%って、聞いてもないのに教えてくれた。よくわからないんだけど体の半分が脂肪って、それはそれ自体何らかの病いではないのか。

b0023749_15132590.jpg
 同僚の中には、頭から毛布をひっかぶって仕事を始めるヤツもいる始末。「お客さんが来ることもあるんだから」って、奥さんがたしなめていたが、激しく同意。思えばかわいそうなことをした。
 私は、自分を動物にたとえたら、まず「樺太犬」だと思っている。丈夫で寒さに強く、粗食に耐え(おにぎりくらいなら食べる隙がある。年間推定250日の昼食=おにぎり)、元気で引っ張り続ける(何を)?

 かく言う私でさえ、近所の薬局で「しもやけの薬ください」と言い、店主(男性・推定70歳)に失笑された屈辱を経ている。よく考えたら、うちの会社で年間通して働いてるのは社長夫妻のほか、その毛布女と私だけじゃないか。人材不足と定着率の低さ、こんなところが原因かと今さら気づいた。そのなかで、「土曜日も来られますか?」というボスの問いに対し、その新人さんは言うのだ。鼻水たらしながら。

 「私はこの3月まで普通のサラリーマンだったので、働かせてもらえる時間は働きたいんです」

 ……残業代が出せないので、毎日8時間で帰ってもらってるのだ、このかたには。


京風おでん(2人前)

 ① 水1リットル 昆布20センチ 
 ② 大根15センチ こんにゃく半丁 玉子2つ~欲しいだけ
 ③ 鶏骨付きブツ切りor手羽中or手羽先・練り物各300g
 ④ 壬生菜(水菜)半束
 調味料:薄口醤油大さじ3 酒・みりん各大さじ2  

 ①を大鍋に用意する
 ②を切り分け、それぞれ下茹でする
 ③にそれぞれ熱湯をかける。鶏肉は、アクが出ればその後水洗いする。
 ①に調味料を合わせ、②③を入れ、中火にかける。煮立ったら弱火で2時間放置。
 ④を入れて、混ぜずに火を止め蓋をして蒸らす

 生まれて初めて「牛すじ」入りのおでんを見たとき、正直びびった。江戸っ子だからね。
 おでんに肉かよ。
 その後、私も大きくなった。関西人の一種である京都人と結婚もした。しかし、鶏肉の入っている京風おでんを見たときのショックは、いまにして忘れられない。
 もうどうでもよくなった。

 鶏肉のコラーゲンと脂とで、スープは白濁している。野暮とは言うまい。それもおでんだ。
 手間はかからないが、やたら茹でる・煮るパーツが多い。これが、風邪ひきに効く。
 寝室と台所とが近ければ、眠りながら咳きこんでる人が静かになるくらいの威力はある。……いや、いい意味でね。

 出来上がるまでに大量の蒸気を発生するところに、このおでんの徳はある。喉がいがらっぽいとき、加湿器よりも煮物かおでん。朝から蒸気を上げ、晩には熱々のところを、ふうふう言いながらいただく。

 ……独身だったな、こんど来た新人さん。10月27日のブログを見ればわかるように、私は一体に、バカには優しいほうだ。しかも、こんどの新人さんと来たら、バカではない。

 お願いだから働き続けてください。おでんは持っていけへんけど、せいぜい優しく接しますから。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-11-03 14:40 | 料理/レシピ

鶏のから揚げ(試作1号)


 レシピには「完全版」というものがあると思う。

 カレー・豚の角煮・鶏のから揚げ・豚のしょうが焼き。

 定番料理ばかりだが、これだけのレシピの完全版をもっていたら、その家の食卓はどんなに豊かになるだろう。それ以上工夫しなくていいなら、料理人も楽だし。

 ……私? いっこももってないです……

 豚の角煮については、実に惜しかった。
 もう2年ほど前になるだろうか、あるとき確かに、「ピタッ」と味が決まったのだ。しかしそれをもっとよくしてやろうと、焼いたり茹でたり蒸したり揚げたり、あげくはオーブンに突っ込んだりしているうちに、なんだか味がぼやけてしまった。
 ――「決まった」と思った段階で、記録しておくべきであった。

 以上の反省が、ブログを始めた理由の1つだ。

 あと、小林カツ代がその著書の中で述べているように、「家庭料理というのは、ぜったいに失敗してはいけない」のだ。だから、レシピとは、少なくとも自分の中で完成しているものであることが最低限の基準だと思う。

 ――そんなこと言ってっから、いつまで経っても「レシピ日記」になんないんだよ(逆ギレ)!

 前言撤回。今後、試行錯誤の過程を記録する。何を試したか忘れるしね、自分で。

b0023749_230368.jpg 鶏のから揚げ(試作1号) 

 ① 鶏モモ500g
 ② 水4カップ 塩大さじ1 タイム・ナツメグ
    各小さじ1
 ③ 醤油小さじ1 おろしニンニク・
    おろしショウガ
    各ひとかけ分
 ④ 玄米粉カップ1



 冷蔵or冷凍の①を、よく混ぜた②に入れ、冷蔵庫で1時間~3晩置く。
 ①の水気を切り、③にざっと漬ける。
 ④をまぶし、180℃の油に、重ならない分量を入れる。
 弱火にする。肉が浮いてきたら強火にして、180℃に戻ったところで取り出す。

 ……敗因は玄米粉だな。モスチキンが玄米粉使用と噂で聞いてから、何度か試してみたのだが。そろそろ潮時だな玄米粉。

 トリカラのおいしさを要約すると、以下の5点になると思う。 
  ① 肉がやわらかくジューシー
  ② 肉にくさみがない
  ③ 衣がクリスピー
  ④ 味つけがよい
  ⑤ 見た目がよい

 ①と②は、申し分ない。これでほぼ完成。あと、③と⑤がなあ・・・。素直に小麦粉か、上新粉にでもすっかなあ。玄米粉も、玉子の使いようでどうにかなりそうなものだが・・・。

 ④については、明らかにしょっぱかったので、上記レシピでは微調整してある。塩水で下味が付いているぶん、醤油の扱いが難しい。醤油の塩分含有量を確認した上で、塩水ならぬ醤油水に漬けてみるという荒業もあるが、これはスベるとイタそうだ…。

 道は遠い…。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-10-28 18:32 | 料理/レシピ

東女に京男のおでん


 牛すじをおでんに入れる。それは関西の食文化なのか? すじとはいえ、肉をおでんに入れる? なんか違わないか。 しかしそれどころではない。齢29にして、私は京都の現実を知った。

京都人は、鶏肉を、おでんに入れるらしい。

 「野暮」って言ったら怒られますか。肉の入ってるのはおでんですか。おでんの汁が鶏のコラーゲンで、にこごりみたくなってもいいんですか!

b0023749_1535143.gif  いいんです。私の天使が京都人だしな。いいじゃん、うまいから。

京風おでん
 ①水1リットルと昆布30センチ
 ①薄口醤油大さじ3  みりん大さじ1 味を見て塩少量 
 ③手羽中か骨付きモモ300g 練り物300g 
 ②白滝orこんにゃく150g 大根15センチほど 玉子2つ

 ①を大鍋に入れる。昆布は予め、1~2センチ置きに切り込みをいれておく。
 ②を放り込む。練り物は、熱湯をかけて油を抜いてから。
 ②をべつべつに下茹で。こんにゃくは白いもののほうが合う。茹で上がった端から①へ。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-10-19 23:57 | 料理/レシピ

タイ旅行の食事日記(2)


b0023749_14472469.jpg5日目 朝 「インピアナ・リゾート」のバイキング
     昼 タオ島チャウエン・ノイ・ビーチで一番はやってた食堂
     夜 「インピアナ・リゾート」のレストラン

※昼、「sukiyaki」というメニューを頼んでみた。……ほとんど春雨だった。はじめ、いっしょに頼んだ「ヌードル」かと思ったよ。謎だ。
 夜は、ウェイトレスさんはじめ店の人ことごとくが、テレビのスペインリーグ(サッカー)に夢中。タイ、プロリーグ作んなよ。サッカーのことぜんぜん知らない私が言うのもなんだが、なんか、おかねを取れそうなにおいがする。



b0023749_14484938.jpg6日目 朝 前日に同じ
     昼 メキシカンその他のレストラン
     夜 「インピアナ・リゾート」のレストラン
※どうもお腹の調子を崩したらしい私の天使を慮って、昼、タイ料理でなくメキシカンへ。……って、頼むのピザかよ! ……しかも昼間はやってないらしいです、ピザ。残念!
 その後、私の天使が赤いものを吐いたんです(海で)。順次さかなが食べていったそうです。

 数年ぶりに狼狽したが、それは私のお皿から結構つまんだチリビーンズの色だったのね。イヤハヤ。


b0023749_14552888.jpg 夜、「ベイクド・シュリンプ」がすばらしかった。いや、タイ語ではもっとちゃんと名前があって、『地球の歩き方』にも載ってるし、それも含めてどうも「ベイクド・シュリンプ」という翻訳が適切とは思われないが、とにかくおいしい。エビと春雨を、ナンプラーたっぷりでパクチーで煮込んだやつです。

                           おいしいが、どうやって自作すればいいんだ……?

7日目 朝 前日に同じ
     昼 メキシカンその他のレストラン
     夜 「カバナ・ホテル」のレストラン
※昼。昨日も来てたのを店のおねえさんは覚えてて、待遇がUPした気がする。偏見かも知らんが、タイは女の人がはたらきもの。昨日も今日も、ほんとにおいしかったです。
 夜は、「どうしたらいいのか?」というくらいムーディーなレストラン。『地球の歩き方』によると、このチャウエン・ノイ・ビーチの北端は某専門店なのだそうで、そこなのだとばっかり思ってたが……。というのもこの店、チャウエン・ノイ・ビーチで泳いでると、北端に、日が落ちてから必ずうっとりするほど、イルミネーションの美しいレストラン。
 まあとにかく、すばらしかった。お勧め。


8日目 朝 前日に同じ
     昼 タオ島チャウエン・ノイ・ビーチで一番はやってた食堂
     夜 ステーキハウス

b0023749_14561298.jpg 夜は、『地球の歩き方』に載ってたレストランに行ってみた。私の天使は合鴨のステーキを取り、私はチキンバーガー(ゴルゴンゾーラ風味)。……大味……。先生、アメリカに行ったことないけど、アメリカの味というものの見当がだいたいつきました! いや、珍しいもの食べさせてもらいました。
9日目 朝 前日に同じ
     夜 サムイ島のホテルのレストラン 夜は、夜昼兼用で4時ごろだったか。オプションで「エステ」を頼んだのだけど、その後のご飯のほうが印象に残った。とにかく絶景のレストラン。私の天使は好きなタイカレー、私は好きなタイラーメンを。タイへの名残を惜しんでオーダー。さようなら。

10日目 朝 機内食(成田へ)
      夜 おうちで近所のおすし屋さんの出前    
[PR]

by tokyo_ao | 2004-10-19 19:19 | 料理/レシピ

タイ旅行の食事日記(1)


1日目 夜 タイスキ
 今回の旅行は、人生初のガイド付きツアー。そのガイドさんが連れていってくれた、観光客向けレストラン。店内そこだけ日本であるかのような人種比を示しつつ、パクチーの香りと辛いのとで、一気にタイへ来た気分に。ただ。・・・・・・「ガイド付きツアーの体験ツアー料」が込みであった、と思うことにする。

2日目 朝 「アジア・ホテル」のバイキング
     昼 アユタヤのホテルのバイキング
     夜 「アジア・ホテル」のバイキング
 昼のバイキング。ここで私は初めて「ほほえみの国」を見た。タイラーメンの屋台のおばちゃん、ほほえみすぎ。昼からバイキングでラーメンおかわりする私も私だが。 
 夜のバイキングは、なんでもあって楽しい。よもやタイで鯖の刺身を食おうとは。

3日目 朝 前日に同じ
     昼 「アジア・ホテル」近くのラーメン屋
夜 「アジア・ホテル」内のベトナム料理屋

b0023749_14185917.jpg 昼どきを外した場合、場合によっては屋台は終わってしまう。並びのレストランもおよそ開店休業状態のなか、唯一地元の人々が集まっていた店へ。タイ語はまるでわからないが、ラーメン屋のように見え、かつ、ラーメンの種類だけは言える。
 なんとかなった。
 ……激ウマ(写真)。
 ラーメンとシンハービール、2つずつで計120バーツ。なぜ日本に来てくれない?
 夜は、タイの近所であるベトナム料理のレストランへ。ベトナムは私の天使が、学生時代に旅した思い出の国。人生最高の生春巻を食べた。

 ウェイトレスさんはベトナム人。「フォー」の発音は、実は、「フォー」ではないらしいことが明らかに。

b0023749_14192097.jpg4日目 朝 前日に同じ
     昼 機内食(サムイ島へ)
     夜 「インピアナ・リゾート」近く、海辺のレストラン
 タオ島への移動日。夜、テーブルが波打ち際からほんの2メートルの、ムーディーなレストラン(照明が蝋燭の灯りのみなんだぜ)。正直な話、海の綺麗さでは沖縄の離島に軍配が上がると思ったが、沖縄で同じことしたら、年に5回くらいずつ順調に台風で店ごと持ってかれそうだ。
 トム・カーというスープを、私の天使が気に入ってたびたび頼んだが、ここのが一番おいしかった。ショウガと細葱に似た香味野菜が入っていて、よそのは噛み切れずに残したが、ここのはよく煮込んであって食べられた。うれしかった。 

 (この項続く)
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-28 20:31 | 料理/レシピ

あるジュブナイルの時系列と煮込みにゅうめん


 今日は在宅勤務。
 ここしばらく取っ組んでた原稿書きは休みで、「ライトノベル」(みごとなジュブナイルだった)の校正。
 ゲラと時計をにらみ合わせて、ペースを計りつつページを稼ぐ。
 ときどき、気晴らしに野菜を切ったり、だしをとったりする。
 あとは仕事をしているうちに、気に入りの陶器の大鍋のなかで、勝手に昼ごはんがおいしくなっていく。
 ビバ煮物。

b0023749_13594051.jpg煮込み煮麺(2-3人前)
 【野菜】 全部で500g。以下、例…かぼちゃ・さつまいも・さといも・だいこん・にんじん・ごぼう・れんこん・ねぎ・干ししいたけetc…。
 【蛋白質】 肉100g(豚か鶏が合う)。あれば薄揚げ・麩など。
 【青味】 (あればでいい。さらに、暇だったら塩ゆで)いんげん・きぬさや・小松菜・大根葉など何でも。
 【汁】 だし 5-6カップ(干ししいたけのあるときは戻し汁を入れて)・味噌 大さじ4~5・醤油 好みで。
 【炭水化物】 そうめん100g。うどんやほうとうでも。好きならすいとんでも(薄力粉100gに半量弱の水やミルク。扱いやすい濃度に調節して熱々のとこへ落としてゆく)。

 つまり、たっぷりのだしで具を煮て味をつけ、ゆでといた麺などをぶちこむだけの、料理ともいえないような一品。
 
 特に、風邪気味のときにいい。
 あえて煮込みうどんではなく、にゅうめん。
 熱くてとろとろの柔らかなにゅうめんが、弱った身体にはやさしい。でもBGMは、ハイロウズの「カレーうどん」。まあ、あのカレーうどんの場合ぼおっと夢想してるだけなのだろから、麺の太さや硬さなんてもはや関係なさそだが・・・。 
 
 私は私の天使の好きそうなメニューをつくることにこだわっていた。
 でもある日、あんまり仕事があってほんの少しだけ疲れてて、週末の昼食に自分自身が好きで楽ちんそうなごはんをつくってみた。
 そしたら私の天使が、おいしいおいしいと言ってきれいに食べてくれたのだ。
 かぼちゃをおいしいと言って食べる私の天使なんて、初めて見た。
 疲れた料理人のカラダにおいしいメニューは、偏食さんのカラダにもおいしかったりするのね。反省。

8:30 作業開始
9:10 謎の美少女登場              だしこぶを鍋の水にひたしにゆく
10:10 美少女の秘密が明らかに        干ししいたけを戻しにゆく
13:05 主人公、ピンチ               だしをとる
13:35 さらにピンチ                 野菜を切る→煮込む
b0023749_13595740.jpg14:20 サービスシーン(R指定なし)       火を止めにゆく
15:25 クライマックス                             
15:55 作業終了!

16:00 ぷしゅっ。(缶チューハイを開ける音)
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-11 18:16 | 料理/レシピ