夜は飲みつつ料理三昧(禁酒やめた)


34歳兼業主婦出版系
by tokyo_ao
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
秘書技能検定通信講座
from 秘書技能検定通信講座
アパート山口県
from アパート山口県
ハローワーク熊本
from ハローワーク熊本
gucciスカーフ
from gucciスカーフ
ユーザー車検予約
from ユーザー車検予約
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2004年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


スクランブルですわ


 もうだめだ、脳が腐る。

 1時間ほど前まで、すばらしく緻密なSFの校正をしていた。
 そこへ例の「原稿の早すぎる作家さん(cf.9月14日のブログ)」の原稿が例によって乱入してきたため、SFのほうを一時中断せざるを得なくなった。

 ……だめだ、なじめねえ。眼球が読むのを拒否している。本当に涙がにじんでくる。
b0023749_14215448.jpg 無菌室にバイオハザードが乱入してきたというか、目の細かなフィルターでわずかな不純物を濾していたらくじらが流れてきたというか、暗視ゴーグルでものを見てたところへ投光器をあてられたというか。ああ、望遠鏡で見るべきものを顕微鏡で見ちゃったって言えばいいのか。……いいのか?

 先生、衝撃で脳細胞が壊れました。


 しかも、「まえがき」の段階から、「平生の文体より(中略)さらにラフ」っておっしゃってるよ! それは作家さんが自分でおっしゃってるんだけど、私もまったく同感ときているよ!

 誤解のないように言っておかなければなるまいが、この原稿、はっきり言って面白い。
 たとえば旅先の乗り物なんかで、ビール片手にぱらぱらめくったりしたら、きっと楽しい。

 は、そうだ、私はいま車中の人なのだ。階下で改装工事してるけどな。
 ビールだってもちろん飲んじゃってるのだ。「伊藤園」って書いてあるけどな。
 そう、ほろ酔い気分のひまつぶしなのだ。
 だから読めるよね、読めるよな、読めるに決まっている。

 暗示終了。
 さらば。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-29 15:07 | お仕事

タイ旅行の食事日記(1)


1日目 夜 タイスキ
 今回の旅行は、人生初のガイド付きツアー。そのガイドさんが連れていってくれた、観光客向けレストラン。店内そこだけ日本であるかのような人種比を示しつつ、パクチーの香りと辛いのとで、一気にタイへ来た気分に。ただ。・・・・・・「ガイド付きツアーの体験ツアー料」が込みであった、と思うことにする。

2日目 朝 「アジア・ホテル」のバイキング
     昼 アユタヤのホテルのバイキング
     夜 「アジア・ホテル」のバイキング
 昼のバイキング。ここで私は初めて「ほほえみの国」を見た。タイラーメンの屋台のおばちゃん、ほほえみすぎ。昼からバイキングでラーメンおかわりする私も私だが。 
 夜のバイキングは、なんでもあって楽しい。よもやタイで鯖の刺身を食おうとは。

3日目 朝 前日に同じ
     昼 「アジア・ホテル」近くのラーメン屋
夜 「アジア・ホテル」内のベトナム料理屋

b0023749_14185917.jpg 昼どきを外した場合、場合によっては屋台は終わってしまう。並びのレストランもおよそ開店休業状態のなか、唯一地元の人々が集まっていた店へ。タイ語はまるでわからないが、ラーメン屋のように見え、かつ、ラーメンの種類だけは言える。
 なんとかなった。
 ……激ウマ(写真)。
 ラーメンとシンハービール、2つずつで計120バーツ。なぜ日本に来てくれない?
 夜は、タイの近所であるベトナム料理のレストランへ。ベトナムは私の天使が、学生時代に旅した思い出の国。人生最高の生春巻を食べた。

 ウェイトレスさんはベトナム人。「フォー」の発音は、実は、「フォー」ではないらしいことが明らかに。

b0023749_14192097.jpg4日目 朝 前日に同じ
     昼 機内食(サムイ島へ)
     夜 「インピアナ・リゾート」近く、海辺のレストラン
 タオ島への移動日。夜、テーブルが波打ち際からほんの2メートルの、ムーディーなレストラン(照明が蝋燭の灯りのみなんだぜ)。正直な話、海の綺麗さでは沖縄の離島に軍配が上がると思ったが、沖縄で同じことしたら、年に5回くらいずつ順調に台風で店ごと持ってかれそうだ。
 トム・カーというスープを、私の天使が気に入ってたびたび頼んだが、ここのが一番おいしかった。ショウガと細葱に似た香味野菜が入っていて、よそのは噛み切れずに残したが、ここのはよく煮込んであって食べられた。うれしかった。 

 (この項続く)
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-28 20:31 | 料理/レシピ

タイ旅行の衣類

 忘れないうちに反省会。

 9月のタイ9泊10日に必要だった服は?
(バンコク3泊→サムイ島1泊→タオ島4泊→機内1泊)
b0023749_14173872.jpg

①カーディガン/長袖  1 ◎ 寺院参拝用。長袖のほうが腰に巻きやすい 
②カーディガン/7分袖 1 × 冷房対策。①と兼用でよかった
③Tシャツ          2 ○ 1枚でよかった気も。でも、臭ったかなあ
④短パン/吸汗速乾   1 ◎ やっぱり便利
⑤短パン/ニット     1 ○ ねまき。ホテルの冷房は、パンツで寝るには寒かった
⑥長パン/ニット     1 × 寺院参拝用。⑦でもOKだった
⑦カーゴスカート     1 ◎ ポケットのいっぱい付いたやつ。予想以上に便利だった
⑧サンドレス        2 ◎ 下着の要らないやつ。ビーチの日程が短ければ1枚でも
⑨カップつきタンクトップ 2 ◎ これと短パンでうろうろできる
⑩ブラジャー        2 ◎ 一応
⑪パンツ           4 ○ 3枚でいい。ビーチにいるとあんまり穿かない
⑫靴下            4 ○ 3足でいい。履いたまま泳ぐし
⑬帽子            1 ◎ あると心強い

 ハプニングは、タオ島で洗濯ができなかったこと。
 コテージの水の出が本当にちょろちょろで、どう見てもそういう用途が考慮されていない(街に出れば、1kg40バーツで洗濯してくれる)。

 それでも余る服が出たのだから、こんど旅行するときには是非この覚書をおさらいしよう。
 
 あしたは、タイのごはん日記を書きたいなあ。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-27 16:22 | つれづれ

旅行の前日のそわそわ

 明日っから、いよいよ待望のタイ旅行にゆくのだ。

b0023749_14141646.jpg
 バンコク・アユタヤ→サムイ島→タオ島 
 で、9泊10日。

 このところ私は異常に忙しかった。異常にというのは、起きて動いてる間は掛け値なしにのべつまくなし仕事して、それでも間に合わないという状況のことだ。主婦として、料理だけはつくるけれど。
 それというのも本来26日納品の仕事を、この旅行に合わせて15日(!)に終わらせたことによる。
 そんな仕事、はじめから請けるなといいたいところだが(自分にな)、人材不足の折からいたしかたない。そこへ「原稿の早すぎる作家さん」(前日のブログ参照)の飛び込みがあったものだから、そりゃあもうへろへろさ。激務で体調くずした長期休暇中の同僚、元気かな? われ冀わくは、タイから帰ってきてもまだ同僚でいててくれえ。ほんまに。
 
 しかしそんなこんなもすべて含めて、今となっては関係ない。
 私の仕事は、1~2ヶ月に1回くらい、寿命を縮めているなと思うことがあるけど、こうしてまた寿命を伸ばせそうな休暇がとれるから、差し引き何の問題もない。

 いまの心配事は、23時現在、私の天使がまだ会社から帰ってこないことだ。
 一応、本日のメニューは……

 海の幸と山の幸のキッシュ風
 鮭と舞茸のホイル焼き
 オニオンスープ

 
 というわけで、私の天使さんがこれを食べてくれるかどうかは、わからない。食べてくれなくても元気でいてくれたら、それでいい。

 さて、旅行のしたくの点検しよっかな・・・。帰ってきたらこのブログはタイ旅行記となる、はず。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-15 23:26 | つれづれ

原稿の早すぎる作家さん


 このところ、とあるシリーズものの小説が、新刊を出すたびにシリーズ最長記録を更新しつづけている。
 その結果どうなるかというと、私がへろへろになる。
 なにも一校正者をへろへろにするために、作家先生がシリーズ最長記録に挑んでいるわけはない。というかたぶんそういうことぜんぜん考えてないと思われるが、結果として同じことになってるのがすごい。

 ふつう、原稿の早い作家さんというのは、版元さんにとっても私たちにとっても大変ありがたい存在である。
 ふつうに原稿の早い作家さんは、〆切の日に原稿をくれたりする。
 版元さんにしたら、その〆切は習慣的というか、防衛本能的にさばを読んだ日付だから、たっぷりとゆとりの進行ができる。
 
 ふつうじゃなく原稿の早い作家さんは、〆切前に原稿がくる。いや、それが「〆切の日の前」なら問題ない。「〆切を決める前」に原稿が来る。
 編集さんがあわてて電話をすると、
 「いま送れば来月には(本が)出るかと思って」
 とかいう。くわしい。 
 通常、出版スケジュールを立てるのは編集さんの仕事である。この場合、実質的に作家さんがスケジュールを立てている。
 私たちは、従うしかない。
  
 甚だしいときには、依頼する前に原稿が来る。
 こうなるともう、スケジュールとかそういう問題ではなくなってくる。
 早すぎてだれもついていけない。
 その皺寄せは私のような出版の末端に携わる者に、
 「こんやは寝かさない♪」
 みたいな仕事となって現れる。

 ある作家さんの、全20回の仕事をシリーズで頂戴していたときは、毎月同じ日にタクシーで帰宅していた。これが月刊誌ではなく、文庫本のシリーズであるところが何ともいえない。
 さすがにこのレベルの作家さんとなると、私は2人しか知らない。

b0023749_14132840.jpg 3人目と出会ってしまったとき。それはドッペルゲンガーと出会ったときと同じような効果を、私にもたらすのかもしれない。

こんやの献立
 ゴーヤチャンプルー
 赤ムツの煮つけ
 焼きもろこし
 薄揚げとキノコの味噌汁
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-14 17:33 | お仕事

2時間後の献立


                リブリエ……。海辺のバンガロー……。

b0023749_1411799.jpg きのう私の天使の買ってきてくれた電子ブックビューアーの可愛さと、しあさってから行くタイ旅行への夢想だけで、本日は息をつないでいる。そうか、これが「いまを生きてない」ってことか?

 ウチの会社は週休2日制なのだが、月曜の今日、ぜんぜん休んだ気がしてない。休んでないからな。

 原稿が、原稿が、ラスト1ページだ!

 あと2時間もしないうちに、一昨日つくって結局食べられなかった煮込み煮麺を麺ぬきで、あと蒸し鶏のゴマソースがけとサバのかぶら漬けを食べるのだ!
 
 もちろん、私の天使も食べるのだ!
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-13 19:27 | つれづれ

あるジュブナイルの時系列と煮込みにゅうめん


 今日は在宅勤務。
 ここしばらく取っ組んでた原稿書きは休みで、「ライトノベル」(みごとなジュブナイルだった)の校正。
 ゲラと時計をにらみ合わせて、ペースを計りつつページを稼ぐ。
 ときどき、気晴らしに野菜を切ったり、だしをとったりする。
 あとは仕事をしているうちに、気に入りの陶器の大鍋のなかで、勝手に昼ごはんがおいしくなっていく。
 ビバ煮物。

b0023749_13594051.jpg煮込み煮麺(2-3人前)
 【野菜】 全部で500g。以下、例…かぼちゃ・さつまいも・さといも・だいこん・にんじん・ごぼう・れんこん・ねぎ・干ししいたけetc…。
 【蛋白質】 肉100g(豚か鶏が合う)。あれば薄揚げ・麩など。
 【青味】 (あればでいい。さらに、暇だったら塩ゆで)いんげん・きぬさや・小松菜・大根葉など何でも。
 【汁】 だし 5-6カップ(干ししいたけのあるときは戻し汁を入れて)・味噌 大さじ4~5・醤油 好みで。
 【炭水化物】 そうめん100g。うどんやほうとうでも。好きならすいとんでも(薄力粉100gに半量弱の水やミルク。扱いやすい濃度に調節して熱々のとこへ落としてゆく)。

 つまり、たっぷりのだしで具を煮て味をつけ、ゆでといた麺などをぶちこむだけの、料理ともいえないような一品。
 
 特に、風邪気味のときにいい。
 あえて煮込みうどんではなく、にゅうめん。
 熱くてとろとろの柔らかなにゅうめんが、弱った身体にはやさしい。でもBGMは、ハイロウズの「カレーうどん」。まあ、あのカレーうどんの場合ぼおっと夢想してるだけなのだろから、麺の太さや硬さなんてもはや関係なさそだが・・・。 
 
 私は私の天使の好きそうなメニューをつくることにこだわっていた。
 でもある日、あんまり仕事があってほんの少しだけ疲れてて、週末の昼食に自分自身が好きで楽ちんそうなごはんをつくってみた。
 そしたら私の天使が、おいしいおいしいと言ってきれいに食べてくれたのだ。
 かぼちゃをおいしいと言って食べる私の天使なんて、初めて見た。
 疲れた料理人のカラダにおいしいメニューは、偏食さんのカラダにもおいしかったりするのね。反省。

8:30 作業開始
9:10 謎の美少女登場              だしこぶを鍋の水にひたしにゆく
10:10 美少女の秘密が明らかに        干ししいたけを戻しにゆく
13:05 主人公、ピンチ               だしをとる
13:35 さらにピンチ                 野菜を切る→煮込む
b0023749_13595740.jpg14:20 サービスシーン(R指定なし)       火を止めにゆく
15:25 クライマックス                             
15:55 作業終了!

16:00 ぷしゅっ。(缶チューハイを開ける音)
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-11 18:16 | 料理/レシピ

生イカと速攻のナポリ風ピザ(の生地)


 今日の私も〆切に追われていると同様、生イカののっぺりした脚に思考の一部をとらえられている。
 イカはおとついの夜、スーパーで買った。
 お客さんを呼ぼうとするたびに「料理がたりないんじゃないか?」とデフォルトで感じる、これは一体なんなのだろう。
 実際には、あまった。
 あまるよ。3人にピザ2枚焼いた上にメインは別にあるんだから。
 なんで、「これでイカスミのリゾットをつくろう」とか思うんだよ、おとついの私。
 ピザ2枚焼くって時点で、リゾットはないだろ・・・。

b0023749_13532826.jpg ピザといえば、残業と来客を両立させるのに最適のメニューだ。
 家にいる人にオーブンの予熱を頼んでおく場合、帰宅して15分でテーブルに出せる。おまけに、15分中10分はオーブンに任せっきりだから、その間に前菜を切ったり、メインを温めておいたりできる。
 ほかの料理では、こうはいかない。
 
ナポリ風ピザ(直径28センチ2枚分)
 ①強力粉200g
 ②インスタントドライイースト5g
 ③砂糖ひとつまみ
 ④60℃のお湯100cc
 ⑤オリーブオイル大さじ1

 番号順に混ぜる。
 1時間放置→3分こねる→もう1時間放置→2つに分けて麺棒でのばす→冷凍庫へ

 おとつい、私は不覚にも二次発酵の途中で酔いつぶれた。でも平気だった。
 だから、発酵しすぎることを気にするくらいだったら、自分の人生について気にしたほうがいい。

 ポイントは、④お湯の温度。これを、40℃くらいと書いてあるレシピが多い。
 たしかに、小麦粉のグルテンがはたらく温度はそれくらいだから、コシの強い生地がほしいときには妥当な数値だろう。
 しかし、ぺらぺらの薄焼きピザにコシが要るか?
 このことに気づいてから、私はだんぜん気軽にお客さんをできるようになった。
 高音のお湯を加えることで、生地にねばりが出てきれいにのばせるし、薄くのばしたぶん、ばりっとしておいしい。

 もちろん、生地だけじゃピザはできないのだが、イカと原稿があるからまた後日だい。
 
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-10 14:26 | 料理/レシピ

挽き肉を使うことを使命としたイタリアンの献立


 サンマと挽き肉をめぐる私の昨日の腹案は、数時間後、ひとまずご破算となった。
 我が家の天使が、友達を家に連れてくることになったからである。そう、そもそも天使が外食するというので、サンマと挽き肉の保存法を考えていたのだった。

 しかし3人の食卓に2匹のサンマというのは、一日寝かして出すよりもっとかっこつかないのね。
 というわけで、サンマにはやっぱり寝ててもらう。今夜のメインは挽き肉だ!

b0023749_1347580.jpg前菜 
スモークサーモンのマリネ/グリッシーニ(市販品)
 
スープ
コーンクラムチャウダー

最初のお皿
サラミとオリーブのピザ/シーフードピザ

メイン
ハンバーグのオーブン煮込み 

                                   結果
                                   手がタマネギくせえ・・・。
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-09 16:03 | 料理/レシピ

斜視とサンマと挽き肉と


今現在の最優先事項、英語で言えばマイオンリーパーソナルASAPは、今書いている原稿の〆切だ。
 〆切といえばASAPの定番だ。これは仕方ない。

b0023749_13432198.jpgb0023749_13433198.jpg しかし私の頭には、でっかい塊がつっかえている。しかもなんだか生臭いヤツが。
 明日届く、サンマと挽き肉をどうしようか、ということである。

 〆切を落っことすという事態はあり得ない。
 あり得ないという新しい語の意味は「あってはいけない」ということではなく、それはもうシンプルに「ない」。
 しかし「サンマと挽き肉」という時点で、私にとっては十分ASAPだ。饐えるからな。
 原稿に追われて放置すればどういうことになるか、想像するだに耐え難い。
 そして、人間ゼッタイだめなことより、あり得るけど我慢できないことのほうが、見切りにくかったりするのね。

 それはそれとして私は今、鮮やかで幸福な夢の中にある(by水城せとな)。それは2004年9月2日(木)、ハイロウズの渋谷公会堂ライブに行ってからずっとだ。
 ハイロウズのライブなんて今まで何回行ったかわからなくなっちゃってるくらいなのに、いまさらどうしてこうなるのだろう。馬に蹴られたとでも思うしかない。
 
 ここだけの話だが、私は斜視の男性が苦手だ。
 見つめられると、恋に落ちてしまうからだ。
 詳細は省くが、苦手な男性には実はもう一種類あって、それは「楽器を弾く人」だ。
 即死じゃないぶん斜視の男性より苦手ではないけど、逃げないと私がえらい目に遭うことに変わりはない。
 この2つ、自分ではどうにもならないことで、アポステリオリで言っている。
 
b0023749_13435261.jpg マーシーは斜視で、ギタリストだ。
 おまけに、両目の視線が交錯するような形に見える内斜視ではなく、視線が拡散しているかのような、軽い外斜視だ。それは私にとって、放射性物質で言えばヨウソとラジウムくらい危険度に違いがあることだ。

 それでどういうことになるかというと、生きて歩いている人に向かって実に失礼なのだが、どう考えても危険物だとしか言いようがない。おそらく、メルトダウンもすぐそこだ。ストーカー規正法に基づく判例を参考にして考えると、半径910メートル以内に近寄ってはいけない計算になる。この理屈で言えばマーシーは、ちょうど爆心地からの距離と被害状況を示す同心円のような感じの、軽くて強いフラフープをはめて歩かねばならない。メンバーと同じ舞台に立てなくなるという欠点はあるが。

 ――今、私の家には天使がいて、その天使は、斜視でも楽器を弾く人でもない。
 ほんとによかった。
 私は、自分の人生について天使に感謝する。

 サンマはわたを抜いて掃除をしたら、おなかにパセリをつめてマリネ液に漬けておこうと思う。オーブンでこんがり焼いた写真が、とてもおいしそうだったから。それで余裕があったら、挽き肉をハンバーグにしておく、と。

 二つのレシピがおいしかったら、また日記を書こう。
 
 ……原稿は?
[PR]

by tokyo_ao | 2004-09-09 15:52 | 料理/レシピ