「ほっ」と。キャンペーン

夜は飲みつつ料理三昧(禁酒やめた)


34歳兼業主婦出版系
by tokyo_ao
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
秘書技能検定通信講座
from 秘書技能検定通信講座
アパート山口県
from アパート山口県
ハローワーク熊本
from ハローワーク熊本
gucciスカーフ
from gucciスカーフ
ユーザー車検予約
from ユーザー車検予約
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

妊婦と自転車(自転車大好き)

 今日から自転車通勤は封印だ。
 妊婦に自転車を勧めない理由として、事故だの転倒だのと言われると、

 「私は歩いているほうがコケます」

 とでも言い返したくなる。現に先々週も、濡れたPタイルの斜面に靴底が滑って、思いっきり腰を打ったばっかりだし。よく大丈夫だったな、えらいぞ胎芽。

 それに対して鍼灸の先生の仰る、
 「胎盤ができるまでは不安定だから(震動を与えちゃだめ)」
 には、納得できた。いわば子宮壁に絨毛で刺さってるだけだからな、いま。

 しかしここで新たに浮上してくるのは、
 「じゃあ、胎盤ができたら乗っていいのか」
 という問題である。
 
 それに関連してさらに問題となるのは、私の自転車がママチャリとは懸け離れていることである。いわゆるホライゾンタル(ハンドルとサドルとをつなぐトップチューブが、地面に対して平行である状態)でこそないが、いまどきドロップハンドルであり、必然的に乗車姿勢は前傾する。

 胎盤が完成するころというと4か月の終わりか5か月の初めになるが、そのころから、おなかが膨らみ始めるとも聞いている。じゃ、乗れなくないか、物理的に。
 
 まだ買って半年と新しいし、今のうちに手放して、それこそ同じメーカーのアンジェリーノにでも乗り換えたほうがいいのか。
 それとも胎盤ができたらムリクリまた乗ることとして、この際トピークのスポーツ車専用ベビーシート(なんか存在自体が矛盾している気もする。日本人にはまず創れないシロモノ。使ってるだけでおばちゃんとかに因縁つけられそうだ)でも装着してみるか。

 ま、5か月になったら乗ってみて、無理なら再考する。とりあえず言えることは、不妊専門クリニックに通いながらこんなチャリ買ってた私は、控えめに言っても大したおばかさんということだけだ。
[PR]

# by tokyo_ao | 2009-10-19 11:47 | つれづれ

話すには歩くがいちばん

 「作家の能力とは畢竟座り続けている能力だ」という意味のことを言ったのは、松本清張だったか横溝正史だったか、そんなのググればすぐわかるだろうけど、今日は仕事以外の検索をしない縛りを発動したから、ググんないんだ。
 日曜で自宅にいながらにして、仕事の虜囚みたいなものである。
 好奇心と欲望の鎮火、よそへ散った気持ちや別のことをし始める身体のすみやかな回収。集中。

 夕方、家人が散歩に誘ってくれた。
 子どもができることについてもう少し言葉を聞きたくて、「男か女か賭けようか」とからんでみると、「それは子どもがかわいそう」とのこと。
 なんだ私よりちゃんと考えているではないか。

 隅田川の畔、アサヒビールの最上階から望む夜景がきれいだった。
[PR]

# by tokyo_ao | 2009-10-18 11:45 | つれづれ

新撰組の斎藤一諾斎/劣化の自覚

 新撰組といえば、斎藤一諾斎が作った小学校に私は通っていたのだが、新撰組といえば一諾斎という話の流れの是非は措いておくとして、同窓生でもその事実を知らない人は多いと思う。なぜなら、母校の創立者として斎藤一諾斎の名は教えられても、彼が新撰組の隊士だったことは教えられた覚えがない。

 旅の坊さん、くらいの扱いであったと思う。
 で、後年、一諾斎の登場する本というか新撰組の本を読んだとき、何箇所も二度見をすることになる。『燃えよ剣』なんかもう、驚愕しながら見返すことになる(同書では、斎藤一と斎藤一諾斎とが、ひとりの人物として統合処理されている)。
 うちのガッコ作った人って、そこまでひと斬ってないはずだ。

 とか追憶に浸っていたら、今日はノルマの半分も進まなかった。というと私がいかにも無能のようだが、この場合、ノルマの初期設定に無理がある。その無理を、今までどうにかしてきたのが私であるという自負を捨て、自分の機能が劣化していることを了解するのが今の課題だ。

 むかし読んだSFに、「大脳から出産するわけではない」という一節があって、悪くない言い回しだと思っていたけれど、考えてみたら、大脳だってホルモンの支配下にあるではないか。
 すべての事象が、半透明の膜を隔てた向こう側で起きているような感じから抜け切れない。そのことに焦燥しているのに、眠い。


追記:夜はそれほど眠くならなかったので、27時過ぎまでがんばってメドは立てた。仕事人としてはえらいと思うけど、プレママとしてはすごいだめだと思う。
[PR]

# by tokyo_ao | 2009-10-17 11:42 | つれづれ

妊婦扱い/今週末のノルマ

 かれこれ5週間ぶりに鍼灸院へ行く。
 気まずい。

 もともと週に1度通っていたものを、旅行で1週休み、帰宅後の慌しさに取り紛れて予約をブッチすること1回、後ろめたさに連絡もできず10日余り、これではいかんと謝罪および再度の予約を入れたのが1週間前。
 しかも突然だが妊娠している。そもそも私は無月経に近い排卵障害を主訴として訪れた患者なのであって、先方にしたら、久しぶりにのこのこ来たと思ったら何だとぉ、といったところではないか。

 案の定というか想像以上に驚かれた。身を揉んで驚かれているのはとにかくとして、マスクの下のお顔がどういうわけか、真っ赤になっていた。
 うすうす知ってたが、このひといいひとなんだなと思った。

 それからが大変だった。
 自転車はダメ、激しい運動も控えて、とにかく無理をしない、徹夜なんか絶対ダメ等々。徹頭徹尾、妊婦扱いされた。妊娠したことを家人以外に言っていなかったので、こそばゆいを超えてなんかうろたえてきた。
 先週FoZZtoneのライブで跳ねてたこととか、いつもは1kmのクロールを調子に乗って1.5km飛ばしてゼェハァ言ってたこととか、黙ってたほうがいいような雰囲気がある。

 金曜の今日が終わった時点で、月曜までに再校560ページのノルマがあることとか……。
[PR]

# by tokyo_ao | 2009-10-16 11:39 | つれづれ

国民健康保険だと出産手当金が出ないようだ/仕事と胎教

 出産手当金とは、大雑把に言えば、産前産後の100日弱に亘って給料の6割程度がいただける、というもののようだ。数値は今回確かめたけど、その存在自体はなんとなく知っていて、自分ももらえるものかと思っていた。

 それって会社の健保に入っている人だけなんだって。使えねえ国民健康保険。
 まともに産休を取ったら、産前6週間産後8週間の〆て3か月半、完全無給かと思うと泣けてくるよ。
 無給って、18歳の受験生だったとき以来か。35歳で出産する見当だから、17年ぶりになる。それっていったいどういう状態だっけ?

 妊娠が判明した当日、かねて注文していた映画『DEATH NOTE』のDVD(しかもコンプリート版)が届いたわけだが、今のところ観る時間が作り出せない。産休に入れば観られるだろうかと思っていたが、あんま休んでる場合じゃないか。いやむしろ、『DEATH NOTE』観てる場合じゃないのか。世の中には、胎教のためにモーツァルトを聴く人がいるともいわれているのに。
 まあ、その日家人の会社の先輩が提案してた、「オンラインゲーム『DEATH NOTE』」とか、「タッチタイピングゲーム『DEATH NOTE』」とかよりかは、いいと思うけど。

 そういう意味では、いま校正してる本の仕事もなあ。ひとがばんばん、じゃんじゃん死ぬからなあ。しょうがないんだけどなあ、新撰組だから。

 いまやっと池田屋が終わったわ。
[PR]

# by tokyo_ao | 2009-10-15 11:38 | つれづれ

三日坊主は免れて/あんだよこのノルマは

 妊娠が分かってから4日目、禁酒も4日目、お風呂はちゃんと湯船に浸かること4日目。
 少なくともここ10年は休肝日を設けていなかった割りに、どうにかなっている。奇跡を見るようだ。

 残る問題は仕事だ。現在のノルマが6日(うち営業日4日)で1080ページある。作業内容は再校だけど、時代物だし、普通の読書と仮定してもけっこういいペースなんじゃないか。なおウチの社長さん、何をどう間違えたか、「たしか500ページくらいあるんだっけ?」とか言わはってた。

 倍です。
 
 依然チチが張る。これが最初の自覚症状というのが、解せない。
 だって出産後のことであろう、チチの出番は。しかもあと8か月も先のことだ。
 解せないので、仮説を立てた。

 『もとが貧乳であるがために、いまから用意せねば間に合わないのではあるまいか?』

 こんど中高の友だちで3歳児のママ・Fちゃん(細川ふみえに似ていると、いわれていた)に、訊いてみよう。
[PR]

# by tokyo_ao | 2009-10-14 11:32 | つれづれ

妊娠判定/秀逸なノベライズ

 最寄りの総合病院のドアをくぐってから出てくるまで、2時間40分かかった。
 内診、超音波撮影、2週間後にまた来てください、で、2時間40分である。初めの70分は一心不乱に仕事をしていたからいいが、いつお声がかかるやも知れぬ中待合に移動してのち、かさばるゲラや、絶対紛失できない脚本を読むわけにはいかない。
 3連休明けの火曜に予約ナシで行くのは無謀だったか。

 さて、肝心の診察内容だが、担当医の認識として、「市販の妊娠検査薬で陽性反応が出た時点でクロ」という印象であるように察せられた。当方の認識としては「医師の診断を受けてから確定」であり、両者の温度差の結果として、なんというか、

 「私は妊娠しているのか」

 を訊きそびれたままである。まあ、違うのであれば違うと言われたであろうから、理屈としては問題ない。

 理屈としては問題ない、といえば、いま校正をかけている映画のノベライズもご同様だ。校正者が口を出す筋ではないけれど、誰だかわかんない登場人物がいる、というのは、映画版ではほとんど出てこないけど本家のドラマ版にて重要人物、ということらしい。

 つまり、本だけ読んだって何だかよくわからないのだが、ドラマや映画を観ずにこの本だけ買う人の存在は証明されていないから、理屈としては問題ない。メディアミックスの手法として、完成された世界をリンクさせあうより、未完成の世界を補完しあうこの形式のほうが優れていることにも、今はなっている。活字屋が少々寂しがるだけの話である。

 家人がお祝いに紅白のシャンパンを買ってきてくれたよ。
[PR]

# by tokyo_ao | 2009-10-13 11:13 | つれづれ

妊娠発覚2日目/松山ケンイチさんのこと

 きょうは、体育の日にふさわしい晴天だったんだそうだ。お天気キャスターがそう言ってた。
 しかし、外出した人は言われなくったって知ってるだろうし、家から一歩も出らんなかった人はそれを聞いてどう思うか、いささか思慮に欠けた発言ではないかというのは無論やつあたりである。
 
 昨日届いたDVDを見るどころではない。家人に対し、
「あのね、そろそろ私、本気で働かないと本当にまずいんだけど」
 などと、実につまらないことまで口にしてしまった、そんな3連休の最終日。
 自己憐憫と自己嫌悪とでくさくさするから、松山ケンイチさんのことでも思い出してなごもう。

 大変不躾けながら、「べつに出なくてもいいでしょう!?」という作品にお名前を見つけたのがきっかけだった。
 「まだ若いのに、義理堅い」
 「なんだろう、律儀なのかな」
 「〇〇さんあたりにたぶらかされてるんじゃなきゃいいけど」
 等々、某イベントに向かう道中、スタッフたちと好きなことを言っていた。

 そしたらそのイベントに、当の松山さんが出席されていた。しかも情けないことに私の視力では、お忙しいであろう彼をしてそのイベントに出席せしめることのメリットが、おぼろげにさえ見えてこないのであった(松山さんにとってのメリットです)。

 彼が「来てやった」づらをしても、さして文句は出なかったところだと思う。
 しかし実際には、真面目にスピーチをして真面目にお辞儀をしてゆかれた。長身を深々と傾けるとき、指の長い手のひらが膝の下まですべっていくのをはっきり見た。
 
 われわれ酔いどれ女性陣の中で、
 「義理堅いね、律儀だね」
 との評が、
 「かわいいね、けなげだね、いじらしいね」
 とまで高まっていくのに、時間はかからなかった。

 まあ、「いじらしい」は私しか言ってないんだけど。
 たしかに24歳の男性に「いじらしい」はおかしいかも知れないが、4年前に初めてお見受けしたときの、「男の子だなぁ」としか言いようのないような振る舞いと思い合わせると。

 って、書いてる場合じゃねえよ。
 きょうの風呂敷残業ができなければ、あした病院に妊娠判定してもらいに行くこともできない。家人にも申し訳ないではないか。

 妊婦は眠いっていうけど、ゆうべ10年ぶりくらいに休肝日にしたら、さっぱり寝つけなかったうえに訪れた眠りも切れ切れで、なるほど、眠い。
[PR]

# by tokyo_ao | 2009-10-12 11:25 | つれづれ

Lesson21.『日陰の英雄たち-要人警護6』

 先日、出社したら会社が燃え始めていた。さっそく消火活動に入ったものの、私は消防署員を火元まで誘導したのち、逃げてしまった。この行動は往時には――いまでも、合理的に考えれば――妥当な判断だったと思われるが、心情的に忸怩たる感が否めない。なぜなら私のなかには、消防署員が、私の代わりに炎に立ち向かうことを「当然」と思う甘えがあった。

 この恐るべき甘えが、なぜ生まれたのか。ひとつには彼我の装備の差があり(署員は思いのほか嵩張り、狭いし当方を邪魔に感じる)、また別のひとつにはその場のリーダーシップの問題がある(「出てーっ!」と、複数の署員に叫ばれた、たぶん私が)。

 しかし私は、炎に立ち向かうためにはその危険性に基づいて論理的に導き出されるよりも、多くの勇気が必要とされることを身をもって知った直後だった。て、回りくどい言い方をしたが要は、思ってたより怖えーんだよ!
 なのに私の代わりに炎に立ち向かってくれに来た人に、「当然」と思うとはなにごとだろう。

 ……以上の屈託を経た前後に、本書を読んでたことは偶然じゃないかもしれない。本書はヴェテランBL作家秋月こおによる、SPの物語だ。
 
 序盤、SP候補たちによる昇進テストの幕は、あえて「平靴」による10キロマラソンで切って落とされる。一国の政治的なVIPのSPを務める以上、実用性よりもドレスコードが重んじられるから、という。
 SP候補生たちは各自血まみれの靴擦れを作り、もちろんその程度の理由でリーダーはテストを中止にしたりしない。

 いわばリーダー、まさに鬼教官。そしてその件に関して「初日からの負傷で気の毒だが」と、言った。「負傷」の一言で片づけられた。「負傷」も込みの任務であることに対する問答無用のアクションだ。
 一方この鬼教官は、BL小説的には「受」に相当する(「年上受」とか、「誘い受」のジャンルに該当するのかな)。候補生たちから、集団レイプの標的にされる程度には。

 ただしこの鬼教官にはステディー――て何だっけ――がいて、BL小説の文脈上、集団レイプは未遂に終わる。実現してたら阿鼻叫喚だ。幸い。

 ただ、私もこんなことは本当に言いたくないのだが、この鬼教官の「ステディー」である部下の、『あんたの尻を、ください』って、そのセリフは一体どう。それはホンモノの人たちに任せとけばよくないか?

 そしてその問いは既に不問に付されている。何故なら、「セブン-ワイ」でこの書籍の予約状況がすごかったから、私も予約しようとしたら、もう完売でできなかった。
 新作ゲーム機か? いまどき、通常の意味の書籍ではありえない。
 
 ゲイは腐女子を嫌悪するというけれども、お互い毛嫌いすることなくまずは「読んでみたら?」
[PR]

# by tokyo_ao | 2007-01-29 22:33 | 無謀/BLを総括する

Lesson20.『冷たい瞳の騎士』

『歴史に残る仲のよい王、王妃のうち、お子に恵まれなかった、と記されている場合はかならずといっていいほど、王妃様が男性だそうです』

 新説だ。
 私が大学に入ってみて良かったと思っている点の、数少ない1つに、歴史に纏わる大変のびやかな環境を得られたことがある。
 日本の現代人にとって「歴史」は、高等学校における未履修問題が取り沙汰される程度にポピュラーな教養だ。しかし、ならば選良であるはずの成績上位者が、結果的に己れのオタク度を問われているに過ぎないという現場の必然を、どう解釈する?
 
 そんな教科は日本史と世界史だけだ。しかも男子のほうが、女子よりも歴史好き(を許される)という通則があるものだから、あからさまに女子であることを表す名の生徒は恥ずかしい。
 他を慮って肩身の狭さを感じる以前に、みずから、「この人たち(たとえば全国模試でより上位の、ほぼ男子)には勝たなくていい。むしろ勝ってはいけないのではないか」と思う。

 その点、大学は入れる人は入ったほうがいいと、これは心からの実感だ。なんぼでもマニアな人がいるものですから、いくらでも門外漢として笑っていることができる。大相撲が凶暴なデブをエンクロージャーすることで世の平安を保ってくれているのと同じく、大学は先鋭な余剰を包み込んでくれるのだ。
 酔った勢いのオリジナル保元の乱ラップとか、家人にふつうに笑ってもらえるのは元同級生ならではと思う(↓こんなの)。
 
 ♪まじ斬ーんの(まじ斬ーんの)
 オヤジ斬ーんの(リアル為よーし) 

 いっぽー為とーも(リアル為とーも)
 初の切腹、馬琴はどうでも生かしたい♪

 ……いいかげん書評に移るが、本書は前出の「姫問題」および「17歳問題」を検証し得る恰好のテキスト。本書の構成は、弱国の王子が強国の支配者に、「正妃」として迎え入れられるまでの一部始終である。
 一方、前出の『姫君は海賊にさらわれる』は、地球規模の大災害ののち独り生き残った男の子を、「海賊」の首領が助けるというストーリー。

 共通点といえば一見、「主人公が17歳」しか見つからないような両者は、意外にも同工異曲だ。
 まず何よりも、主人公が女であっては話がなまなましすぎて成立しがたいという点。『姫君は海賊にさらわれる』についてはLesson10で述べた通りであり、さらに本書は次のような台詞を用意している。
 『四歳のお子様であるあなたに、襲いかかってしまいそうだったのですよ』

 ……当時、発言者15歳。
 いろいろ考えてみたが、やはりどう考えても、りっぱな変態である。4歳児に欲情する「冷たい瞳の騎士」。
 ただ1点、この想定には瑕疵がある。つまり当方がつい、4歳の幼女に欲情する男子高生、を想定してしまうから犯罪的な変態性を感じるわけだ。では、4歳の男児に男子高生が、と考えるとき、彼の変態性はアップするような気もするが、本書の文脈では、「ならいいじゃん」と解釈すべきなのか?
 
 これが、意外とよくわからない。本書の勝因かもしれない。
[PR]

# by tokyo_ao | 2007-01-19 22:14 | 無謀/BLを総括する